この記事の目次

超夜型人間が「入眠するためにやっていること」紹介【睡眠の質をあげよう】

body
スポンサーリンク

どうも、けいです。

以前あげた記事【睡眠型診断4パターン】で集中できる時間帯を把握しようで、私は超夜型の人間で、オオカミ型に限りなく近いとわかりました。

超夜型なので、夜〜深夜にかけて思考がフル回転になります。そうすると、なかなか寝付けない。汗

この寝つきの悪さは物心ついた時からでした。夜更かし率95%以上。早く寝る日は、睡眠不足すぎて耐えられなくて寝るっていう感じです。日中は数十分寝れば回復するので、頻繁に仮眠してます。

この睡眠型診断を知って、「あー、私のこの夜更かし癖は遺伝だわ」としっくりきました。

しかし、まだブロガーが本業ではないので、夜遅くまで作業して、起きたい時間に起きて、というのが厳しいんですよね・・・。

思考はクリアなのに寝なきゃいけない。そういったときに実際にやっている方法を、今回紹介したいと思います。

スポンサーリンク

超夜型人間が「入眠するためにやっていること」

もちろん入眠もそうですが、熟睡するために使っている方法も紹介したいと思います。

アプリ『 寝たまんまヨガ 簡単瞑想』

実は睡眠のためでなく、瞑想のためにダウンロードしたアプリだったんです。

無料版では4種類の音声を聞くことができ、その他は各音声ごとに(それぞれ値段も違う)購入します。

しかし、入眠の際に使うなら、ぶっちゃけ無料版だけで十分です。

なぜかというと

“寝落ち”の声続出!
睡眠導入、疲労回復、気持ちのリフレッシュに最適なアプリです。

1時間の寝たまんまヨガ(ヨガニドラー)は、4時間の睡眠に相当するといわれます。

このアプリは、日本全国16か所でヨガスタジオを運営している人気の「スタジオ・ヨギー」とのコラボで実現しました。

現役のトップインストラクターが、レッスンさながらにゆったりと音声でガイドしてくれます。
難しいポーズもなく、寝たまんま簡単にできるからヨガ初心者も大丈夫。

心身ともに気持ちよくリラックスできるこのプログラムの後は、体も心も明晰になり、穏やかで活力に満ち溢れるでしょう。

眠れない時の睡眠導入として、あるいは気持ちを切り替えたい時や、疲れがたまって睡眠時間がなかなか取れない方にも、リフレッシュ効果が期待できます。 
仕事への集中力や発想力のレベルアップにもおススメです。

https://apps.apple.com/jp/app/寝たまんまヨガ-簡単瞑想/id505930723

上記は公式の引用ですが、「寝落ち”の声続出!」と書いてあるように、最後まで聞けた試しがないんです。(マジです)

催眠術でもかかったんじゃないか?と思うほどで。気がついたら朝でした、みたいな。音声に合わせて、体を順番にリラックスさせるんですが、途中から覚えてなくて、寝た記憶がないんです。(怖すぎるレベルです)

なかなか眠れないという人は本当にオススメするアプリです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 246x0w.jpg です

アプリ『Relax Meditation: 瞑想とマインドフルネス』

これも瞑想用にダウンロードしたアプリです。

先ほどの『寝たまんまヨガ』は、既存の音声を聞くのみなんですが、このアプリはなんと、自分でサウンドを組み合わせることができるんです!

詳しいサウンドまたアプリで見ていただけたらと思います。ダウンロードは無料です。

もちろん瞑想用もありますが、自然の音のサウンドの種類が豊富で、飽きることがありません。ちょっと変わった音や周波数を変えるには購入する必要がありますが、無料版でも十分納得のいくアプリです。

 

パジャマに着替える

私は普段外出するときに着る服と、寝るときに着る服に大した違いはありません。同じロングTシャツです。丈の長さが違うか、その下にパンツを履くかの違いです。

しかし、寝るときは寝るとき用のTシャツを決めています。そうすることで、「寝る体制」に入るよ〜というのを意識付けています。

あとは普段靴下を履いているので、寝る少し前に靴下を脱ぐことで、リラックスモードに入ると決めています。あとは女性なので下着の上の方ですね。

パジャマに関してですが、自分にとって着心地が良くて、締め付けがないものだったらなんでも良いと思います。

ようは、自分が着てリラックスできるかなので。

アクセサリーを外す

これも服と似ていますね。私はアクセサリー(と言っても金属アレルギーなので、ブレスレットだけです)の着け外しで、作業をするときの気持ちのオン・オフをコントロールしています。

「○○○の前には必ず○○○をする」というルーティンですね。

私はそれを特にアクセサリーに紐付けしました。服は、仕事をしていれば着替えることはなかなか難しいですからね。

だから取り外しがすぐ可能なアクセサリーをオススメします。

アクセサリーを外したらふーっと息をついて、肩の力を抜き、リラックスモードに入るようにしてます。

それプラスこれまでに紹介した、服を着替え、アプリを起動すれば、即寝落ちですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

生きてきてほとんど夜更かし(もしくは寝られない)生活をしてきたので、試行錯誤してきました。(王道ですが羊を数えたり・・・)

しかし、考えれば考えるほど夜型人間は寝られないんですよね。

眠くなったら寝るなんてやってたら、普通だったら次の日仕事のときは最悪ですし。若いときはやっていけたかもですが、年取ったら無理です。体力がもたん。(切実)

 

だったら、考えず、眠りに入るまでの行動を習慣づければいいんです。私はとりあえずこの方法でいざとなったときは寝ています。

緊急性がないときは、その思考に身を任せ、グルグル考え続けます。(夜の方が良いアイデアが浮かぶので)

しかし、睡眠は作業効率・健康などのすべての面において重要ですので、睡眠時間はしっかり確保しましょう。そして、ただ寝るのではなく、質の良い睡眠を取れているのかも気にしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました