この記事の目次

【英語勉強法】中学校英語からの学び直しのおすすめ「ミニマリスト高校講師、英語学び直します」

English
スポンサーリンク

どうも、けいです。

けい
けい

1〜2年以内に海外旅行

将来的には海外移住を考えています

よって、先月から英語の勉強を始めました。

実は残念なことに・・・英単語、英文法など正直に言いまして中学生レベルです。(どーん)

昔から英語が大の苦手で、高校・大学の試験は、ひたすら単語帳や教科書または問題集を暗記してました。どれだけの時間を無駄にしたやら・・・。

ということで、1年で日常会話ができる&SNSで文章が読める、くらいまでなる!つもりで日々勉強しています。

 

今回はそんな英語中学校レベルからの学び直しに使っているものを紹介したいと思います。

同じように、簡単な英語から学び直したいと思っている人はぜひ参考にしていただけたらと思います。

けい
けい

一緒に頑張りましょう!

※私の英語レベルは、簡単な名詞と動詞の単語、基礎的なSVOやSVOCの英文法程度です。最終目標は、中学レベルの英語・日常会話の習得です。「高校以上のレベル&テストで点を取る」ことが目的ではありません。

スポンサーリンク

【英語勉強法】中学校英語からの学び直しのおすすめ

ちょいデブ親父の英文法

ちょいデブ親父の英文法

ちょいデブ親父の英文法』という、中学・高校のテスト対策から資格試験対策までできる、超基礎から学び直せる、英語学習サイトです。

大人が英語をやり直すにはどうすればいいんだろう?ということで検索してたところ、Q&Aの回答をしている人がこのサイトを載せてありました。サイトタイトルからちょっとイメージがつかなかったのでリンクから飛んだところ、本当に中学校1年生の簡単な文章から丁寧に解説がしてあって、めちゃくちゃ感激しました。(ありがたい・・・!)

このサイトは、40代男性miyacyさんという方が、英語講師時代に感じたこと・思ったことをもとにこのサイトを作られたそうです。だから「痒いところに手が届く!」感覚みたいな、本当に丁寧に解説されているな〜と感じます。

中学校の教科書や問題集をわざわざ買ったりしなくても、このサイトでは解説が付いているので、断然教科書よりも良いです。

 

で、このサイトのさらに凄いところは、選択式の問題演習がついているところです。

こんな感じです。

<演習問題>

私は海外に住んだ方がいい。
I ( have to , had better , never , will ) live in a foreign country.

彼女は今日、どこへこれを配達するべきですか?
Where (ought , could , dare , will ) she to deliver this today?

あなたはもうコーヒーを飲まない方がいい。
You ( had better , have to , never , should ) not drink any more coffee.

その記事は読む必要がありません。
You ( can , have to , need , used to ) not read the article.

僕は体力をつけるべきだ。
I ( never , ought to , dare , had better ) build up my physical strength.

https://choidebu.com/reibun/jodousi/

上記のような、例文もかなり日常的に使いそうなものでとっつきやすいですよね!

また、<口語表現>というコンテンツもあって、日常の会話の「丁寧な言い方」「くだけた言い方」など表現の違いの例文なども豊富に載っています。基礎の文法がマスターできたら、こっちの方も見てみたいですね。

 

英語を勉強したい!と思っている人には、このサイトは絶対おすすめ!今後は、英語が苦手な学生に伝えていきたいと思っていたり。

ちょいデブ親父の英文法

▶︎『ちょいデブ親父の英文法

 

英語はインド式で学べ!

こちらの本は、書店で見つけた本です。

表紙に「日本人の脳に最も適した学習法」「英語が苦手な日本人にピッタリ」と書かれていて、ホントかな?と正直疑いながら手に取ってみたら、英語が超苦手な私でも「え!?面白いんだけど!」と興味を沸かせるような英語学習法が載っていました。

この本は、昔ながらのイギリス英語・アメリカ英語を学ぶことを目的としたものでなく。インド人や東南アジアなどの、第2言語として英語を話す(使う)ための「世界標準の英語(グローバル・イングリッシュ)」を学べる本なんです。

ですから、世界中の人が理解できてかつ使える英語ということで、難しい単語や文法はナシ!「しゃべりやすい」「わかりやすい」英語。英語というより、「道具の使い方を学ぶ」ような感覚で英語を学ぶことができます。

割とすぐに英語を使うのを迫られている人、とりあえずちょっとでも通じる英語を話したい人には、おすすめの1冊だと思います。

ちょいデブ親父の英文法』と並行して学べば、かなり英語の苦手意識がなくなりますよ。

スタディサプリ(リクルート)

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

月額980円で全国トップクラスのプロ講師の映像授業をいつでもどこでも見れる!というのが強みのオンライン学習サイトです。塾に通うより、お金も時間もコスパが良いかもしれません。

また、自分の学びたいレベルによって見れる映像授業も選べるので、最短で英語を学ぶことができそうですね!

  • 小学・中学講座:一流の先生の授業でわかる楽しさを実感!学習習慣の定着を実現。
  • 高校・大学受験講座:一流講師によるオンライン学習で、第一志望大学へ!

タブレットやパソコンを使って授業を受講できます。また、授業の他にも1回15分ほどで終わるドリルもあるので、スキマ時間を有効活用できそうですね!

まとめ

いかがでしたか?

私にとって英語は、中学校から15年以上苦手なモノだったので、また改めて勉強・・・となるとなかなか手をつけることができずにいました。

 

しかしよくよく調べてみると、「英語=学問・勉強」でなく「英語=道具」として考えれば、案外いけるんでないかな?と思い、現在学び直すことができています。

学生時代は、「語学って色んな言い回しやパターンがあって嫌い。正解が1つでないから嫌い。」と思っていました。

でもどうせできないんだから、開き直って一番簡単な英語から覚えよう!ネイティブじゃないんだから、綺麗な英語じゃなくてある程度通じる英語を身につけよう!思うことができています。

 

私のような英語オンチでもわかるかも!と思えたんで、ほとんどの人も大丈夫だと思います。

また英語学習法については、随時アップしていきたいと思います!

それでは(^^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました