この記事の目次

【経験談】パチスロ依存症を脱却する方法【週5日通いが半年に1〜2回になりました】

mental
スポンサーリンク

どうも、けいです。

 

現在、私立高校の講師をし、ミニマリストブロガーとして活動しています。

さて、先日に下記のツイートをしました。

 

 

ぶっちゃけますが2〜3年くらい前まで私も依存症レベルでした。
なので2年前ヤバイと思って、行きつけのパチンコ店の清掃アルバイトを始めました。
清掃員になると基本的にその系列の店舗に入店禁止になるので・・・。
依存症から抜け出したい人はパチ店の清掃バイトおすすめです。

 

今回は「パチスロ依存を脱却する方法」を紹介します。

方法や感じたことは私のここ2年の経験談なので、参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

パチスロ依存症を脱却する方法

結論は「パチスロ店でアルバイトをすること」です。

パチンコ店でアルバイトする

できればですが、行きつけのパチンコ店でアルバイトすれば効果はさらに絶大です。

アルバイトの方法としては、パチンコ店舗内の清掃が一番いいかなと思います。

 

清掃のアルバイトで、パチンコ依存症が脱却できる根拠は2つあります。

不正防止のため系列店舗で入店禁止になる

アルバイトをすれば、不正防止のため大体その系列店舗で入店禁止になります。(変装してプレイしている人も稀にいますが・・・)

入店禁止の理由としては、個人的な解釈ではありますが、パチ玉やコインをくすねたり、釘の位置、店員さんが設定に入った場所などがわかってしまうというのが理由でないかな〜と思います。

 

行きつけのパチンコ店だったら、大体の店員さんに顔を覚えられていますよね。

パチンコ店は12〜13時間営業している為、店員さんはシフト制なので、朝でも夜の清掃でも、店員さんと顔を合わせる機会が結構あるんですね。

知っている店員さんと鉢合わせとか、また防犯カメラに映ってないかな〜とかビクビクしてると、なかなか行きづらくなります。というか行きたくなくなります。

清掃とはいえ、台に触れると満たされる

これは私にとっては結構大きかったようで。

私は週3〜4日清掃のアルバイトに入ってましたが、たとえ清掃でも、台に触れることによって満たされた感がありました。

私は「海物語シリーズ」が主に好きだったんですが、海物語の列に入って台拭きしているのが割と楽しかったですね。台を拭くのも楽なので。笑

「あ、今日この台出なかったんだ〜」とか「新しいシリーズ出たんだ〜」とか清掃しながら考えてました。

実際かなり効果が出た

アルバイト始めた当初は、それを見て「やりたいな〜!」と正直思ったりもしました。

でも、行きつけで自分が「出る!」と思う台のある店舗にアルバイト入っちゃってるから、どうしても足は遠のいていきますよね。

で、違う店舗でしたが徐々に通う回数が減り、清掃のアルバイトを始めた2年目の今年は、2回くらいしか行ってないです。

週5日行ってた頃と比べるとだいぶ減りましたよね。

アルバイトの人は割と依存者がいた

私が清掃していた店舗では、週1日〜の人もいれば、週5日〜の人もいました。店舗の規模が市内でもかなり大きい方だったんで、アルバイトの人数が30人以上いるんですが。

個人的に何人か聞いてみたところ、男性のバイトさんはパチスロ依存だった人が何人かいましたよ。で、みなさん割と「行く回数減ったよ〜」と言ってます。

行く回数減るし、バイトでお金も溜まるし、短期でもやってみる価値あると思います。

 

パチンコ店で清掃のアルバイトをするには

求人サイトで「パチンコ 清掃」と検索すれば出てきます。

で、求人サイトに応募して、数日したら電話やメールが来る感じです。

応募を出してるってことは人手が足りてないってことなんで、よほど人数が集ったとき以外なら大体採用されます。

面接までに必要なのは「履歴書」「身分証明書のコピー」。面接のその場で採用のパターンもあるので「通帳」「印鑑」もあればスムーズです。(後日郵送の場合もあります)

 

勤務時間としては、系列店や店舗によって違いますが、静岡だったら開店前(6:00〜)か閉店後(10:30〜)の清掃。(都道府県によって開業時間が異なるのでそれぞれ確認してください)

清掃時間は1時間半〜2時間くらいが目安。

服装は、制服のポロシャツが与えられるかエプロン、ズボンは自由。靴も基本動きやすかったら自由です。服装チェックとかはその清掃を請け負っている会社によって全く違います。

基本副業している人ばっかなので、当日の直前でなければ休みも取りやすい。出勤は週1日から選べるところが多いです。

業務内容は各店舗によって違うが、パチスロ台拭き、灰皿の掃除、店舗内のゴミ集め、床の玉とコイン集め、床の掃除機かモップがけ等。バイトの日数にもよりますが、担当の場所をやる数回は指導係がついてくれるので安心してください。

覚えることも少なく、時間内に綺麗に終わらせられれば大丈夫です。(終わらない場合は、全体でフォローしてくれるところが多いです)

まとめ

いかがでしたか?

 

私がパチンコに通っていたのは3年ほどで、ヒドイ時は月のお給料が赤字になるくらいまでのめり込んでました・・・。それくらい依存症になってしまえば、判断が難しくなってしまうんです。

実はなんですが、パチンコ清掃のアルバイトを始めたのは「好きな台に触れれるぞ〜♩」という依存症を解消するための目的とはまっっったく違った理由だったんですが・・・。

結果的にパチスロ依存症を改善できて、本当に良かったと思っています。

多分ですが・・・ミニマリスト以前に、パチスロ依存症を改善してなかったら、今の私はいません。

それぐらいパチスロは、お金も時間も労力も簡単に使ってしまうんです。

 

今回は「アルバイトを始める」という人にとっては荒っぽい方法で紹介しましたが、依存症でどうしようもなくって・・・できることならやめたい!という人には、やってみる価値があると思います。

最低でも週1日から始められる方法ですし、直したい!と思っている人は行動してみましょう。

少しでも多くの方が依存症から立ち直れることを祈っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました