この記事の目次

【本日の断捨離】ミニマリスト向け「1ヶ月使わなかったモノ」は手放すか考えよう

goods
スポンサーリンク

どうも、けいです。

ミニマリストになって早2年。

身の回りのもので使わないものはほとんどないですが、やはり日々アップデートしていく必要があると思います。

この記事では、本日私が手放したモノを紹介します。

スポンサーリンク

【本日の断捨離】「1ヶ月使わなかったモノ」は手放すか考えよう

断捨離していくに当たって、モノを残すか手放すかの指標になるのが「ここ1年で使ったものか?」だと思います。

しかし、ミニマリストになると1年以上使ってないモノは手元にほぼありません。

ミニマリストといえど、日々良いものを求めて買い物もしたりするので、買って使い始めたモノに対して使わなくなるモノも出てきます。いくらモノが少ないからといって、使わないモノをそのまま放置しておけば、モノだけでなく思考も停滞し、リバウンドの元になります。

また、使わないモノを目に入れる度、いちいち気をとらてしまう時間も勿体ないです。できることなら早々に手放しましょう。

ということで、人に比べてモノが少なくても、「最近使っていないモノはないかな?手放せないかな?」と振り返る時間を作ってみてください。

手放す基準

私はまず、クローゼットの下に100円ショップで購入したカゴを置き、その中に「手放そうか?」と悩んでいるモノを一時置きしています。

で、その中に1ヶ月くらい置いて、実際に「無くても困らない」「使わなかった」モノを手離すという基準にしています。

 

本日手放したモノは4点

上の画像のように4点を手放しました。

 

  • ニットカーディガン・・・厚手で重い、ほつれが気になる
  • ワンピース・・・生地が触り心地が悪い
  • iPadケース・・・重くてiPad開くのが億劫だった
  • Lightningケーブル・・・充電がたまに切れる

 

私はもともとは捨てれない人間なので、ちゃんと理由が無ければ捨てるのにいちいち躊躇していまします。今回は理由も明確で、今後使う確率はほぼゼロと確信したので手放すことに。

Lightningケーブルだけ捨て、あとは家族の不用品とまとめてリサイクルショップに売りに行きました。

まとめ

日々生活を”最適化”するために、良いモノ・便利なモノを追い求めています。

ただ、必ずしも良いモノを買うのではなく、「今あるモノで代替できないか?」を考えた上で買うようにしてます。もし、今あるものの2個以上の機能を1つに集約できるならば、迷わず買うと思います。

 

今回は、明らかに使わなくなったモノを断捨離しました。

しかし、まだ使う可能性があって手放すのに躊躇するようなものは、無理をせずに一旦手の届かないところに置き、無くても生活ができるか時間を置いてみるといいと思います。特に問題がなれければ、休日にリサイクルショップなどに売りに行ったり、ゴミを出すようにしましょう。

「手放す=勿体ない」ではなく、「手放す=生活が自由になる」という気持ちで進めると、気持ちよく断捨離できます。

 

コメント

  1. cvv online より:

    Ӏf yoս wouⅼd liқe too gett much frоm thiѕ post then you have t᧐ apply ѕuch
    strategies t᧐ your ԝοn weblog.

タイトルとURLをコピーしました