この記事の目次

【年収が上がる】成果を出すための「最強のノート術」

job
スポンサーリンク

どうも、けいです。

現在は本業で教育職をしているので、割とノートを書くことが多いです。また、これまでかなりのノート術を調べたり試してきました。

 

今回は、【年収が上がる】成果を出すための「最強のノート術」を紹介したいと思います。

※注意:今回のノート術は、理解力や技術アップ、スキルアップを目的としたものです。「試験の点数を取りたい」「資格に合格したい」という人は、過去問や問題集を解くことをオススメします。ノートは丁寧に書いても微妙です。試験は記憶の定着が問われることが多いので、ノートより問題をに何回も触れる反復演習が最強です。

 

スポンサーリンク

【年収が上がる】成果を出すための「最強のノート術」

結論から言っちゃいますが、「マインドマップ」というノートです。

こんな感じのノートの取り方ですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/マインドマップ

見たことある人もいるもいるのではないでしょうか。

ではこの後、成果を出すノートはなぜ「マインドマップ」が良いのか。順を追って解説していきます。

成果を出すノートとは

私たちは学生時代から「ノートを取る」ということは経験してきていると思います。しかし、その「ノートを取る目的」を意識してきた人はどれくらいいるでしょうか?

そもそもノートとは「成果を出すためのツール」であって、「ノートを取る」ことが目的ではありません。ですから、例えば、教師が板書した通りに書けばいいものではないし、読書したことを順番にまとめていくのも、ノートの価値としては微妙です。

「成果を出すためのノートの取り方」には、次の3点が抑えられているといいです。

  1. 理解できる
  2. 記憶に残る
  3. 想像性が高まる

 

そしてこの3点がまとめて分かりやすく書ける方法が「マインドマップ」なんです。

 

マインドマップが良い「科学的根拠」

2006年にサイモンフレーザー大学が行ったメタ分析の研究結果から、「マインドマップ」が効果があると立証されているようです。

<実験>
約5800人の学生を対象に行ったもので、
内容は「学生たちに本を読んでもらい、その内容を覚えてているか質問に答える」
という実験を、次のように2グループに分けて行った。
グループ①は、ノートを取らず本を読み、内容を覚えているか回答する。
グループ②は、マインドマップを取りながら本を読み、ノートを見ずに回答する。

結果、グループ①の正答率は0.29ポイント。
グループ②の正答率は0.65ポイントで、3倍近くの差がついた。

上記のように、マインドマップのノートを取ることで記憶の定着にかなりの効果があることが分かりますね。

注意すること

マインドマップのノートを取る時に注意してほしいことです。マインドマップは次の画像のように、枝分かれになっています。

そこで重要なのが、階層構造がしっかりしていることです。

階層構造があるということは、関連性や優先順位がはっきりしているということなので、理解を深めたり記憶の定着にすごく重要です。なので全く関連性がないことを、同じ枝の先につけるのはNGです。

そしてあまりにも多く書き過ぎるのもNG。要点を絞って3〜5列くらいに収められればいいですね。

中にはどうしても覚えられないというところもあります。そういった内容や単語は、横にイラストを書いて印象付けておくと良いです。学生時代、歴史上の人物にヘンな落書きをしている友人がいましたが、あれはインパクトがあってその人物名はよく覚えてましたね。そんな感じです。

実際やってみよう

では実際にノートに書いてみましょう。お題はなんでもいいですが、どうせだったら「あなたがこの1年で身につけたいスキル」とかがいいですね。

例えば私なら「ブログで収入を得る」のが当面の目標なので、このように作ってみたり。

目標を達成するために、やるべきことを細分化していくイメージです。

 

想像性を高めたい人は、この形の3✖️3の空白マップでも構いません。1日1個テーマを変えて、そのテーマに関連することをあげていく感じです。人には空白を埋めたいという習性があるので、3マスくらいだったら基本埋まりますよ。

 

私はブログの下調べや大まかな構想は、このマインドマップ使っています。ツールは、方眼ノートもしくはスマホの無料アプリを使ってますね。すぐノートを取り出せない状態のときは忘れないようにアプリにメモしてます。

▼オススメ方眼ノート

▼オススメのマインドマップアプリ

XMind

無料バージョンでもかなりハイクオリティです。

まとめ

いかがでしたか?

実際に初めてマインドマップノートを取る時はなかなか苦労しましたが、「何を目的にノートを取っているのか」「何を得たいのか」を意識すれば、書くことは必要なものに厳選されてきますし、慣れてきますよ。

あとはノートを見返したときに、重要なところが一目でわかるので、ノートを取る価値を実感できると思います。

おかげ様で私もブログを書くときは、書きたいこと・流れをあまり苦労せずに書くことができています。

▼参考動画

年収1000万を超えたい人にオススメのノートがこちら

 

▼関連書籍

コメント

  1. Sửa điều hòa Daikin bị lỗi van tiết lưu điện tử (20E). http://www.zelgymn.grodno.by/user/ClarissaJanzen/

タイトルとURLをコピーしました