この記事の目次

【実験】2週間コーヒーを15時以降飲まないようにした件「コーヒー中毒者のチャレンジ」

body
スポンサーリンク
けい
けい

多いときは1日10杯くらい飲んでた

コーヒー中毒者のけいです!

 

そんな私が9月に入って「コーヒー15時以降飲まないチャレンジ」をしてみました。

9/2から始めたのでちょうど2週間以上はたったので、その効果を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【実験】2週間コーヒーを15時以降飲まないようにした件

多いときは1日に10杯近く飲んでいたので、もうかなりの中毒者ですね・・・。

そんな私がコーヒー飲まないでやっていけるのか?最初は不安でした。

でも、正直午後のパフォーマンスはコーヒー飲む飲まない関係なく下がるし。集中力を回復するんだったら仮眠取るのが最適だと知ったので。

コーヒーを極力飲まない&夕方以降は飲まないと決めました。

 

コーヒーを飲む回数&時間

のサプリメントを飲む際、昼食後、仕事が終わりそうだけど後もうちょっと!という夕方時計3回はコーヒーを飲んでいました。

コーヒーはドリップも好きだけど、朝時間がないときはインスタントで済ますことも多いですね。

 

この2週間の間に朝コーヒーを飲まない日もあったんですが、飲まない日に比べて、飲んだ日の方が午前中の仕事の効率が上がることに気づきました。

その理由としては、私が圧倒的に夜型人間で、朝が超苦手だからです。

超夜型人間の私は、午前中はほぼ思考回路が働かず、午後になればなるほど頭が働きます(物心ついた時からです)。ですから、朝仕事に行く前はマジでコーヒー必須です。

 

あと人によるかもしれませんが、朝コーヒーを飲むと30分〜1時間後には快便なんですよ〜(便秘気味なんでありがたい)

昼後

また昼食後ですね。ご飯後は少し眠くなってしまうので、コーヒーを飲んで軽く15分くらい仮眠を取ると午後スッキリした状態で始めることができます。

夕方

夕方は飲んでも飲まなくても、そんなに・・・って感じですね。

仕事が終わった後で、夕方〜夜の間にブログなどの作業をするのですが、コーヒーの効果は実感しませんでした。

むしろ仮眠をとった方が、格段に効率は良いです。睡眠不足状態で仕事とかブログとかやっちゃいかんです。

夜の睡眠

かなり効果を感じたのが、睡眠の導入がめっちゃ早くなったということです。

夜に思考が活発になる夜型人間が、さらに覚醒効果のあるコーヒーを飲んじゃった日にはもう!目がランランラン♬に冴えちゃって余裕で朝までコースなんですね。(ツライ・・・)

夕方以降コーヒーを飲まないっていう効果を一番感じたのは睡眠でしたね。

入眠だけでなく、睡眠の質も良くなったかな?と思います。夜中に目が醒めることも少ないし、朝の2度寝が減った・・・ような気もします。

コーヒーの代わりに飲んでるもの

コーヒーの飲む量がかなり減ったので、代わりに麦茶を飲んでいます。緑茶、烏龍茶、ほうじ茶、ジャスミン茶、結構色々好きなんですけど。行き着いた先は麦茶ですね。

多分コスパが一番いいと思う。カフェインも入っていないですしね。ただ、麦茶には体を冷やす効果があるので、飲みすぎに注意ですね。

飲むんだったら、無糖の炭酸水もオススメですね。

まとめ

結論です。

コーヒーってなくてもいけるかもしれない、です。

夜型人間の私には、朝仕事に行く前にコーヒーは今の所必要ですが、頭の使う作業を午前中に持ってこなければいいわけで。そういうライフスタイルを確立したら、コーヒーを断捨離できるやもしれません。

とはいえ、コーヒーの香りとか、カフェで仕事したりブログ書くのは好きなんで、飲み続けるかもしれません(どっちや)

ただ、明らかに飲む量を減らせたんで、実験した甲斐はあったかな〜と思います。

引き続きコーヒーと距離を少し置きながら、ブログ書き書きしていきます。

それでは(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました