この記事の目次

【勉強法】音楽を正しく使おう!集中力を高める勉強法

job
スポンサーリンク

どうも、けいです。

高校講師として仕事をしつつ、ブログ書いたりプログラミングを勉強したりしてます。

さて、先日に下記のツイートをしました。

 

 

今回は、集中力を高める音楽の正しい使い方について紹介していきます。

スポンサーリンク

音楽を正しく使おう!集中力を高める勉強法

勉強中に音楽を聴く人は多いのではないでしょうか?

「好きな音楽を聴かないとはかどらないんだよね〜」という人が多そうです。

しかし、これは科学的に間違った方法だということです。

音楽は勉強の邪魔だった!

なんとグラスゴー・カレドニアン大学の実験で、勉強中の音楽は効率を上げるどころか、勉強の邪魔になるという研究結果が出たようなのです。

 

被験者を4種類の部屋に入らせた。

 

1. テンポの速いBGMが流れている部屋

2. ゆったりとしたBGMが流れている部屋

3. 環境音が流れている部屋

4. 完全な無音の部屋

 

その状態で全員に認知テストを行ったところ、BGMを聞きながら回答した被験者は成績が大きくダウンした。テンポが速い曲ほど頭の働きは鈍り、能力の低下が見られなかったのは、完全に無音の部屋で問題に取り組んだグループだった。

 

この脳の動きが鈍ってしまうには理由があります。

目の前の作業とは関連がない音が耳に入ってしまうと、作業以外に、メロディーや歌詞の3つの要素を同時に脳が処理しなければならず、脳に負担が増えてしまうからです。

これでは脳が「マルチタスク」状態になってしまうんですね。それでは学習能力は下がってしまいます。

上記のように、どんな曲でも脳の働きは鈍ってしまうので、結論は「無音状態」がベストということになります。

 

「でも、音楽で実際に勉強が進んだんだけど」という体験をした人も少なくないはず。

この答えは、「音楽があなたの気分をポジティブに変えてくれて、前向きな感情になったせいで作業効率が上がってるように勘違いした」ということです。

おそらく集中している時間帯は、音楽が聴こえてないはずです。それは集中している状態に音楽は必要ないということです。

学習効率を上げる音楽の使い方

上記であったように、勉強中の音楽は作業効率を下げてしまいますが、音楽で気分をポジティブに変えてくれます。

ということで、学習効率を上げる音楽の使い方は、「勉強前」と「休憩中」に音楽を聴き、「勉強中」は音楽を切るという方法です。

これならば、勉強に入るまでの準備として音楽が気分を上げてくれ、作業中は音楽を切ることで作業効率を下げなくて済みます。

作業中は完全に外の音をカットしましょう。

 

どうしても環境音が気になる人は、ノイズキャンセリングのイヤホンや耳栓を使いましょう。

私自身もこれを知ってから、作業中音楽を聴くのをやめました。そうすることで、以前の作業後の頭痛や疲労感がかなり軽減されましたよ。

 

 

どうしても無音がダメな人は「自然音」が良い

私も最初の頃は無音がダメだったので、慣れるまでは「川の音」「滝の音」「鳥のさえずり」などの「自然音」を聴いていました。

スマートフォンなどの無料アプリで手軽にダウンロードすることができるので、ぜひ試してみてください。

個人の感想ですが、特に「水の音」系は、リラックスできてかつ集中力が高まる気がします。

 

私が使っているのが『Relax Meditation』というアプリです。

「瞑想」をすることもできたり、いろんな音をミックスすることができるので、自分にあった音を作れますよ。

また、間接照明などと一緒にスピーカーで流して、就寝前にリッラクスする時間を取ると、かなりスムーズに眠りに入ることができます。

入眠するまでに時間がかかる人におすすめです。

 

▼参考書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました