この記事の目次

【加齢臭】ニオイの発生源は!?「加齢臭の対策と予防」

body
スポンサーリンク

どうも、けいです。

年齢をとればとるほど、身体的な悩みが大きくなってきます。

とくに中高年になると気になってくるのが臭い(加齢臭)ですよね。

けい
けい

実は、加齢臭の原因物質は40代から激増するってご存知でしたか?

しかも、自分で気づきにくいらしいですよ。

え?そうなの!?ヤバい・・・気をつけなきゃ

ということで、加齢臭に関する情報と対策を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

加齢臭について知ろう

加齢臭はどんなニオイ?

中高年特有のニオイのことです、チーズのような、何かが腐ったニオイ、など人によってニオイ方や感じ方はそれぞれです。また、加齢臭と言っても汗や体臭、タバコや服などのニオイが混じっているため一概には言えません。

自身ではニオイがなかなかわかりにくいため、家族など身近な人に聞いてみるといいかもしれません。

自分でチェックするにはどうしたらいい?

私たちは人のニオイには敏感ですが、自分のニオイとなるとわからないですよね。というのもニオイには慣れがあり、ずっと同じニオイを嗅いでいると感覚が慣れてしまってわからなくなってしまうのです。自分の加齢臭を把握するためには、なるべく皮脂が多く分泌されている部分のニオイを嗅いでみることです。

では、どの部分がニオイが発生しやすいでしょうか。

ニオイの発生源

ニオイは皮脂が多く分泌される場所、ようは毛穴が多い場所がニオイが発生しやすいようです。では実際にどのような場所かというと

  • 背中
  • ワキ
  • 頭皮
  • 首の後ろ
  • 耳の裏
  • 陰部

などが多いとされていて、最もニオイがするのは「背中」らしい。その理由は、背中は面積が多くその分毛穴の量も多いこと、手が届きにくい場所なので洗い残ししやすいのが考えられます。

加齢臭の原因

加齢臭は、皮脂腺の中の脂肪と過酸化脂質が結びつくことによって生まれ、ノネタールという物質が原因のようです。これは男女関係なく40代以降に、酸化に対する抑制力が低下し、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加することが考えられます。

この過酸化脂質の生まれる原因となるのが活性酸素。活性酸素は体内の不飽和脂肪酸と結びついて過酸化脂質を作ります。

この活性酸素を生む原因となるのは、喫煙や過度な運動、肉中心の乱れた食生活、日々のストレスなど・・・心当たりの多い方もいるのではないでしょうか?

じゃあ、対策とか予防はどうしたらいいの?

割と簡単にできることが多いです。日々ニオイの原因を無くしていきましょう。

加齢臭対策

日常で簡単にできることです。ぜひ生活の中で取り入れてみましょう。

汗を小まめに拭く

体臭は放置された汗が細菌に分解されて生じるものです。小まめに汗を拭き、肌を清潔に保つようにしましょう。

丁寧に体を洗う

お風呂では体を洗う際に皮脂が多く分泌されるところ(ニオイの発生源)を中心に洗いましょう。胸や背中など普段意識しない部分は特に丁寧に。

夏場など汗を頻繁・大量にかく季節は、朝にシャワー、夜に湯船に浸かるなどするといいです。忙しくてお風呂にどうしても入れないときは、皮脂の多い場所を濡れタオルで拭うことで、効果がありそうです。

湯船に浸かる

夏場などの暑い季節はシャワーだけで済ませてしまう方も多いかもしれません。しかし、実は湯船に浸かるのが加齢臭を抑えるのに効果的と言われています。

特に、普段エアコンの付いた部屋の中にいて汗をかく機会が少ない人は、汗腺の機能が低下し、老廃物が汗腺に溜まりやすくなっています。この老廃物が汗と一緒に流れると、悪いニオイを発してしまいます。

なので、湯船に浸かって肌を温め毛穴を開き、老廃物を落とすことで、肌を清潔にしましょう。

加齢臭予防

加齢臭の予防には、日頃の生活習慣が重要になってきます。お風呂でケアをしていたとしても、体の内側からケアをしなければニオイを抑えることは難しい。

ここでは加齢臭を予防する生活習慣を紹介したいと思います。

タバコを控える

タバコは活性酸素を体内で増加させる要因の1つです。また、体の新陳代謝機能も低下させ、血流が悪くなったり、老廃物の排出を邪魔してしまいます。

さらにタバコ1本で、抗酸化作用のあるビタミンを20〜100g失ってしまうと言われているので、せっかく加齢臭に効く食べ物を食べていても効果を無くしてしまいます。プラマイゼロどころかマイナスですね・・・。

ニオイだけでなく健康のためにも禁煙をオススメします。

加齢臭を悪化させる食事を控える

お肉が大好きな人は要注意。植物性の脂肪は皮脂腺を刺激し、皮脂分泌を過剰にする作用があるようです。脂質の多い食事は加齢臭だけでなく、体臭を強める原因にもなることを覚えておきましょう。

また、植物油に含まれるリノール酸は、コレステロールや中性脂肪を増加させ、体内でニオイの原因を作る過酸化脂質になります。

油物は摂取量には注意するといいでしょう。

加齢臭を抑える食事

上記にもあったように、脂肪が多すぎる食事は皮脂の分泌量が多くなり、加齢臭が強くなる原因になってしまいます。西洋系のお肉中心だと、どうしても脂肪の摂取が多くなってしまいがち。

ということで、それとは逆の和食中心の食生活(野菜、魚、大豆、雑穀米)は低脂肪のものが多いので、脂肪の摂りすぎを抑えられます。

また、ニオイの原因であるノネナールを生み出す過酸化脂質は活性酸素の増加によって増えるため、活性酸素をうち消す効果のある抗酸化作用のあるものを食べましょう。抗酸化作用のある物質は、ビタミンC(野菜や果物)、ビタミンE(魚卵類やナッツ)、カロテン(緑茶)、食物繊維(豆、野菜、きのこ、海藻類)などを多く含む食べ物は特に効果的とされています。

また食物繊維や発酵食品は、腸内環境を整える効果もあります。腸内環境が悪くなると、便秘や下痢の原因になるばかりで無く、加齢臭の原因にもなりますので、積極的にこれらの栄養素をとるようにしましょう。

ストレスをためない

ストレスと加齢臭は一見関係がないように思われます。ですが、実はストレスと感じると、人間の体内で活性酸素が発生し、過酸化脂質が大量に増えてしまうんです。すると、加齢臭の原因物質のノネナールも増えることになって結果加齢臭もきつくなります。

ただでさえ40歳以上の働く方は、社会的地位も上がり始めてストレスが多い年齢。そのストレスが原因で加齢臭もきつくなるなんてとても残酷です・・・。

サウナや温泉に行って汗を流しながらリフレッシュしたり、ウォーキングなどの軽い運動をしてみるといいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日常生活の中にニオイの原因がかなり隠れていましたね。

ニオイは自分では気づかないので、知らないうちに周りにクサイと思われていたらショックです・・・。

今回紹介したのは、日頃から気をつけることができることだと思いますので、ぜひ取り組んでみてください。

 

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました