この記事の目次

【体験】水辺の癒し効果とは?「先日、富士五湖・本栖湖に行ってきました」

LIFE
スポンサーリンク

現代社会って、ストレスとかも多いし、本当に疲れるなぁ・・・。

何か癒される方法はないかな?

この記事ではこんな人に向けて「水辺の癒し効果」について紹介します。

 

現在はそんなにストレスはありませんが、過去は割と人間関係とか仕事について悩んでいることがありまして。そういえば水辺に結構行ってたわ!と気付いたミニマリストけいです。

先日は、ストレス解消のつもりはありませんでしたが、土日を利用して富士五湖の1つである本栖湖に行ってきました。

今回の目的は「車中泊」がメインだったのですが、結果的にかなり癒されました。

 

では実際に癒し効果について紹介していきます。

スポンサーリンク

水辺の癒し効果

水辺と言われると、皆さんはどのような情景を思い浮かべますか?

海でしょうか?

湖でしょうか?

川でしょうか?

それとも滝?

水辺はなぜ癒されるのか?

水には人の心を癒す力があると言われています。

水辺をみると心身にどのような影響があるのか?調べてみました。

水の音はリラックス効果がある

小川のせせらぎ、雨の音など、水の流れる音を聞くときに、人は「爽やかさ」「綺麗な水」「清潔感」などを思い描きます。

山の中、自然に溢れた中をイメージした水の音で、すっきりとした気分を味わえる。

これが人にリラックス効果を感じるようです。

実は自然の音だけでなく、日本庭園にある”ししおどし”や、噴水などの人工的な水音にも、癒される効果があるよう。

 

水色、青色、緑色などの視覚的に癒し効果がある

水辺の風景は、視覚的にも色がブルー系で爽やかですよね。

また、囲まれた木々や草木のグリーン系にもリラックス効果があり、とくに自然に囲まれた水辺の効果は絶大です。

 

ゆらぎが癒し効果がある

海の波がうち寄せる感じ、これは「ゆらぎ効果」といい、人が癒される効果があるといいます。

これは水だけでなく、「炎のゆらぎ」「不規則に光るホタル」「木漏れ日」など、自然の中にある景色もあります。

キャンプファイヤーで炎や、ロウソクの炎などでも効果があるようです。

 

おすすめする水辺

自然に囲まれた川

これは3年前の2016年の9月に、大学生時代の友人と行った時の写真です。

場所は、静岡市清水区の興津川の上流だったと思います。

周りに民家がなく、キャンプや釣りがメインの場所だったかな。

川の水も綺麗で、喧騒もなく、川のせせらぎの音しかしない、とても癒された空間でした。

まだ残暑が厳しい時期だったんで、サンダルのまま水に足をつけたり、友人とゆっくり喋ったり、少し歩いたり、石の上に乗ったり。

3年経った今でも思い出せるくらい、癒された時間だったのを覚えています。

台風の影響がおさまったら、また近々行きたいですね。

自然に囲まれた滝

これは2017年の7月に行った、富士宮市にある「白糸の滝」です。

道の駅 朝霧高原から近くで標識も多くてわかりやすく、駐車場から歩いて15分くらいと、比較的に行きやすい場所です。

橋などもあったり、滝の幅がかなりの規模で、正直かなり感動しました。

また、滝って水しぶきが上がるので、とても涼しいですし、マイナスイオンをめちゃくちゃ感じました。吸う空気も美味しいし、肌も潤ってる感じだし、水の音も癒されるし。

個人的にですけど、川より滝の方が癒し効果が大きいし、感動するし、パワーをもらえます。

湖だったら水上船が良い

湖って海や川と違って、水の動きが少ないので、あまり音を感じないんですね。

なので、水上船に乗ったり、湖の周りをドライブしながら景色が変わるのを楽しむのも良いかもしれません。

上の写真は、2016年の11月に河口湖で水上船に乗った時です。

海でないので船酔いすることはほとんどないですし、11月なんで雪が積もった富士山を見ながら紅葉を楽しむは最高でした。

水上船なので水が近いですし、少し水しぶきが上がって気持ちいです。

また河口湖は「富士山パノラマロープウェイ」があるので、天気が良い日は絶景です。

 

癒されたい方はぜひ休日などを利用して行ってみてくださいね(^^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました