この記事の目次

【健康/節約】ムダな買い食いを防ぐ方法で「健康的に節約しよう」

body
スポンサーリンク

どうも、けいです。

みなさんは買い物をするときに、お菓子だったり買う予定のなかったものを、ついつい買っちゃったという経験はありますか?とくに主婦の方たちなどは、日々そういった欲望と戦う(笑)毎日なのではないかと思います。

この記事では、お菓子やジャンクフードなどの、ムダな買い食いを防ぐ方法を紹介したいと思います。

ソースは、メンタリストDaiGoさんのYouTube動画です。続きは、ニコニコ動画の会員制チャンネル(有料)で見ることができます。

   

スポンサーリンク

なぜ無駄な買い食いをするのか?

まず、どんなときムダな買い食いをしてしまうかというと、実はすごく明快な答えがあって、それは

「お腹が空いているとき」

なんですね。要は飢餓状態にあるときに買い物に行ってしまえば、予定していないものまで買ってしまうということです。

それは食べ物に限らず、雑貨や服なども言えます。予定していないものを買ってしまうというのは、自分をコントロールできない状態にあるということなので。「お腹が空いているとき」、また「深夜などの眠たいとき」なども当てはまります。

だから、お客さんに商品を買わせたいネットショッピング・通販番組は、お昼や深夜の時間帯にやるんですね〜。ちゃんと理にかなっています。笑

お店に行って商品を見たときに、自分をコントロールして商品を買わないという判断ができる確率がおよそ50%と言われているので、さらにお腹が空いた状態で行けばその確率も上がるでしょう。

ムダな買い食いを防ぐ方法

なので、それを踏まえて考えると、ムダな買い食いや買い物を防ぐ方法はただ1つ。

「買い物に行く前に、ひとくち身体に良い食べ物を口にしてから行くこと」

ここで重要なのは、身体に良い食べ物というとこです。

なぜかというと、人というのは太る原因は総カロリーもありますが、油が原因とも言われているからです。

油がとくに多いポテトチップやフライドポテト、加工肉製品などが太りやすいとのことなので、そういった逆に健康に悪い食べ物を口にしていけば、さらに食べたい欲求が増すので、やめたほうがいいです。

では逆に健康的な食べ物は何かと言うと、果物やナッツ類、食物繊維が多い野菜などです。「自分は健康的なものを食べている」という意識も働きますし、食物繊維などの多い食材は腸にも良いので、非常に良いです。

 

自分はムダな買い物をしている、ついつい買い食いしちゃうという人は、買い物の前に果物、ナッツ類、食物繊維が豊富な食べ物を口にしていくことをお勧めします。これは、街に出かけた時に衝動買いしてしまう人にも使えるんじゃないでしょうか?

食べ過ぎてしまう原因

また、人が食べ過ぎてしまう原因は、ストレスとも言われています。

理由としては、ストレスが食欲を増進させるホルモンを分泌させるからです。どうしても食べる量を減らせない人は、ストレスを抱えていている可能性があるかもしれません。

このストレスを抱えた状態で、食べる量を減らそう・ダイエットをしようとしても、数日は何とか我慢できるかもしれませんが、ある日突然爆発して爆食いなんてこともあるでしょう。

なので、食べる量が減らせない人は、ストレスが原因でないか考えてみましょう。

特にストレスは、人間関係のストレスがもっとも比重が重いと言われています。ストレスは心の問題だけでなく体にとってよくないことばかりですので、食べ過ぎ防止のためだけでなく自分自身の将来の健康のために、ストレスから少しでも解放される方法を考えてはいかがでしょうか。

  

  

▼関連記事

  

▼参考動画

コンビニでの無駄な買い食いを防ぐには
最も太る食べ物、痩せる食べ物が判明!
ストレスでドカ食いしやすい人の特徴

  

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました