この記事の目次

【ミニマリストが伝授】お金を使うときに考えること「買い物が上手になる方法」

minimal
スポンサーリンク

どうも、けいです。

ミニマリストブロガーとして活動しています。

 

さて、先日下記のようなツイートをしました。

 

 

マキシマリストだった時は、ただ”何となく”モノを買っていたように思います。ミニマリストになってからは、持つものが限られているので必然的に買い物が上手くなりました。モノの取捨選択が上手になれば、お金の使い方も上手になります。

 

今回はこのツイートについて深掘りし、実際に「買い物が上手になる方法」を紹介します。

スポンサーリンク

お金を使うときに考えること「買い物が上手になる方法」

人はなぜ買うつもりがなかったのに、ついつい買い物をしすぎてしまうのでしょうか?

まずはその理由を考えてみることが、無駄遣い防止の対策になりそうです。

 

ついつい買ってしまうのは、やはり「計画性がない」っていうのが大きな理由かな・・と思います。

普段から買うものをしっかりと把握しておく。今月使えるお金はいくらと決めておく。

これだけで衝動的な買い物は防ぎやすくなります。

 

具体的な自分への問いかけ

また、買い物をするときに私がおすすめする方法は、「これ欲しいな〜」と思ったタイミングで、下記の複数の質問を自身に問いかけることです。

 

  1. それは生きていくために必要なものか?
  2. 今持っているもので代替できないか?
  3. 作業効率を上げてくれるものか?
  4. 将来への投資になるか?
  5. 支出以上の価値があるか?
  6. ストレス解消のためでないか?
  7. 見栄をはるためだけの物でないか?
  8. 過去に同じような物を買って後悔したことはないか?

 

どうしても無駄遣いをしてしまう・・という人は、上記の質問をスマホのメモ帳や画像で撮っておいて、買い物の前に見るという習慣をつけましょう。

これを意識するだけで、かなり買い物が上手になりますよ。

実際に使っているのはほんの一部だった

私の過去の話になってしまうのですが、少し聞いてください。

1〜2年ほど前まで、私は買い物が大好きで、仕事帰りに大型のショッピングセンターに行ったり、ダイソーなどの100円ショップによく通っていました。そこで真新しい雑貨を買ったり、ノートや文房具を買ったり・・。

気がついたら家はモノに溢れていました。しかし、「モノがたくさんあって幸せ」とは全く思いませんでした。むしろ、買ったのに使わないという罪悪感の方が強かった・・。

 

「こんな自分を変えたい!ミニマリストになってやる!」と志してから、その溢れたモノを断捨離する過程で思ったこと。

それは、「あ、私が実際に使っているのって、持ち物の10%未満じゃないのか・・」でした。そして私は、モノを使うのではなくモノを手に入れることに快感を得て、それをストレス発散に当てていたのだと気づきました。

いくらモノを減らしていっても、入ってくるモノを厳選しなければ、ミニマリストにはなれない。

減らすのと同時に、買い物・お金の使い方も極めないとダメだ!と気づいたんです。

そして先ほどの自身への問いかけを意識するようになってから、無駄に買い物に行く必要もなくなりました。

買いたいモノは一度ノートに書く

また、さらに買い物が上手くなる方法として、「買いたいモノをリストアップしてノートに書く」というのをおすすめします。私は「欲しいものリスト」みたいな感じで、手帳に書いてますよ。

書き方は、欲しい商品の横に、「色や形」「予算」「なぜ欲しいのか」を書きます。

そうするとしっかり欲しいものをイメージするので、安易にAmazonでポチることもなくなりました。

書くだけで欲が満たされる場合もあるし、書いてイメージすることで本当に欲しいものなら「絶対に手に入れよう!より良いものを買おう!」と吟味できます。

「欲しいものリスト」を書くことはマジでおすすめしますよ。

 

まとめ

「お金の使い方」はこれからの時代にさらに必要なスキルになってくるのではないでしょうか?

これまで昭和〜平成は大消費社会でした。しかしこれからの令和以降の時代は、自身が持つだけでなくシェアしたりレンタルしたり、様々なモノとの関わり方があると思います。

また、無駄に浪費する人よりお金の使い方が上手い人の方が、もちろん人生が生きやすくなりますよね。

今後の人生に「お金の使いかた」「買い物が上手になる方法」をぜひ取り入れてみて欲しいと思います。

以上です(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました